ホーム » 牡蠣は栄養の宝庫|海のミルクの効用

スポンサードリンク

牡蠣は栄養の宝庫|海のミルクの効用

牡蠣 栄養

牡蠣(かき)は、「海のミルク」と呼ばれています。


牡蠣を食べるのが大好きな人と
すごく苦手というに別れているようですが、
牡蠣(かき)に含まれる栄養価はとても高いものです。


牡蠣エキスのサプリメントも人気ですね。


生で食べるのも良し、
フライや鍋にしてもおいしいカキですが、
牡蠣に含まれる栄養素が
私たちの体にいろいろな効用を与えてくれます。


牡蠣食べることの効用


グリコーゲン

グリコーゲンは、体内に蓄えられ、
体内のエネルギーが足りなくなったら
糖質に変化して使われる多糖類の一種です。


牡蠣に含まれる糖質の半分がグリコーゲンなのです。
グリコーゲンは疲労回復や体力増進などの効果があります。


タウリン

タウリンは、アミノ酸の一種で牡蠣などの
魚介類や軟体動物に多く含まれている栄養素です。


栄養ドリンクのCMなどで、タウリンという言葉はおなじみですね。
タウリンには「血中コレステロール」が上昇するのを抑制したり、
脂質を分解する、血圧を正常に保つ働きをするなど
生活習慣病の予防に役立っています。


亜鉛

亜鉛は、「血中コレステロール」の量を調整したり、
たんぱく質を作る働きをします。
インシュリンの構造維持にも必要で、
糖の代謝にも関係があります。
この亜鉛も牡蠣には豊富にふくまれています。


良質のたんぱく質とビタミン・ミネラル

牡蠣には、他にも良質なタンパク質が豊富に含まれています。
その他にも必須アミノ酸も含まれていて、
身体機能を支える働きしてくれます。


ビタミンやミネラルも私たちの体には欠かせないものですが、
カキにはビタミンやミネラルも多くふくまれています。


かきを食べるのは「R」のつく月

かきの旬は、12月~2月頃です。
西洋のことわざに「Rのつかない月にカキを食べるな」
というものがあります。


日本でも「桜が散ったら牡蠣を食べるな」ともいわれています。


Rのつかない5月~8月頃は牡蠣の産卵期にあたり、
身が痩せて味が落ちてしまうということでしょうか?


カキは大根おろしで洗う

牡蠣のを洗う場合には、大根おろしで洗うと
牡蠣のひだの汚れもよくおとしてくれます。
大根おろしを牡蠣にかけて軽くもみ洗いします。

大根おろしが黒っぽなるんですよ。
初めて洗ったときにはビックリりでした。

<スポンサードリンク>

関連記事

Return to page top